設計事務所ima(イマ)
小林恭+マナ

Philosophy

設計事務所ima(イマ) 小林恭と小林マナのデザインユニット。1998年の活動開始以来、数多くの商業空間のインテリアデザインや建築設計を手がける。パッと心が華やぐカラフルでハッピーな空気感と、収納や動線など機能性をたくみに織り交ぜたバランス感覚は、個人宅や施設などにも応用。ブランドらしさ、その人らしさを活かした空間づくりに定評がある。また自ら手がけた自邸「井の頭ハウス」は、多数の取材依頼が殺到。新たな住まいのかたちを提案する、ケーススタディハウスのような役目を果たしている。さらに近年はペットまわりのプロダクトデザイン、執筆活動や音楽プロデュースなど、それぞれの得意な分野を活かした新しい領域にも積極的に取り組む。

Profile

Photo by Tetsuya Miura
小林 恭 Takashi Kobayashi
兵庫県神戸市生まれ。
1990年多摩美術大学インテリアデザイン科卒業後
カザッポ&アソシエイツに入社
小林 マナ Mana Kobayashi
東京都生まれ。
1989年武蔵野美術大学工芸デザイン科卒業後
ディスプレイデザイン会社に入社
共に1997年退社後、建築、デザイン、アートの勉強のため半年間のヨーロッパ旅行で17カ国70都市を巡る。
1998年帰国後 設計事務所ima(イマ)を共同で設立

2006年より marimekkoの国内店舗、 ILBISONTEの国内店舗担当
2010年より marimekkoの海外主要都市のフラッグシップストアの設計を担当
2015年より フィンランドのテキスタイルブランド LAPUANKANKURIT(ラプアンカンクリ)ラプア店 設計

現在は、物販、飲食のインテリアデザインを主軸にプロダクトデザイン、住宅建築、住宅リノベ、幼稚園、ホテルや展示会の会場構成なども手掛けている。

2019年、2020年 小林マナがグッドデザイン賞審査員に就任

Design Office IMA

We are good at designing colorful and happy spaces from homes to stores. We have worked on more than 1,000 commercial spaces in 20 years and has adopted the method for the interior of houses, and has a good reputation for the space design that makes the most of its individuality.
The Inokashira House, which is our own house, has been covered by more than 40 interview and has become a proposal for a new way of living.

A space design unit comprised of Mana & Takashi Kobayashi, who have experience in private housing architecture, public space and individual products, with an ongoing focus on shop design. Since 2010 the unit has actively extended its playground to overseas, working for the Finnish brand "marimekko" in the designing of the brand's Helsinki and New York srtoers. The unit has also been participating in art exhibitions since 2008 in pursuit of new design possibilities.