ima logo
facebook twitter

K-HOUSE
2006.12 / Setagayaku, Tokyo
HOUSE / Architecture & Interior Design

個人住宅の建築設計。世田谷区の100坪の土地に初めて案内されたとき何を手がかりに設計を初めていいかに迷ってしまった。要望の30坪の住宅を設計するには条件がなさすぎたからだ。色々スタディーしていくうちにこの土地でしかできない平屋が一番適している と考え、実施設計がはじまった。構造は木造の在来工法だがコの字型で中庭を囲んでいる。それらは異なる要素の部屋のレイアウトから構成されて位置づけされている。またそれを強調するために違った色で内装を塗装している。母屋に残っている井戸の切妻の屋根を用いたり、居間の側面の壁を白くして西日の光を反射させて空調や電気の負荷を軽減したりと、その場所の記憶や住宅の機能を手がかりにして最終的なデザインが決定されていった。











K-HOUSE
2006.12 / Setagayaku, Tokyo
HOUSE / Architecture & Interior Design

COPYRIGHT: Photo by Nacasa & Partners Inc. all rights reserved

copyright